目にいいのはルテインだけではありません

角膜の表面の涙には、外から細菌が侵入するのを防いだり、目の表面を潤わせることでほこりなどのゴミなどで角膜が傷つくのを防ぐ働きがあります。しかしパソコンを使っての長時間の作業やコンタクトレンズの装着、冷暖房の効いた部屋に長い時間居ることなどで、涙が減少して角膜の表面が乾燥しがち(ドライアイ)になります。
角膜の乾燥は眼精疲労と関係が深いので、何も対処しないで放置しておくと視力低下や肩こり頭痛などを引き起こす要因になりかねません。
乾燥対策には、涙の分泌を正常化するための成分を積極的に摂ることが大切です。ドライアイに有効な成分というと涙の分泌を正常にしてくれる「ヒアルロン酸」や外部からの刺激から守ってくれる「ルティン」、健康な状態に保つために必要な栄養素が含まれている「アントシアニン」、網膜を守り視力を高める働きがある「DHA」などが含まれたサプリメントが効果的です。目にとって大きな味方だと言われているブルーベリーエキスから作られたサプリメントには「アントシアニン」が豊富に含まれているので、目の疲れなどにたいへん効果が期待できます。
サプリメントは一時的に飲むのではなく習慣的に続けることと、サプリメントの摂取と平行して目を休ませてあげることが大切ですね。

目に効くサプリの成分というといルテインとかブルーベリーかと思っていましたが、最近DHAというのにも注目が集まっているようです。
よく聞きますよね、魚の頭だったかに含まれているそうで、頭にいいとかって聞いたこともあります。
どれほどの効果があるのかは不明ですが、飲まないよりは飲んだほうがいいと思うのです。
もちろん食生活のほうが大切なのは分かりますが、思うようにはそういう習慣って身につかないんです。
私は性格が雑だし継続するのも苦手です。でもいつまでもそうは言ってられませんので、今年こそはと思います。