ルテインも摂りすぎには注意が必要なのでしょうか

目の老化を防ぐ効果があると言われるルテインですが、取り過ぎると何か副作用はあるのでしょうか。基本的にルテインは緑黄色野菜などに含まれる成分なので、副作用の心配はないとされています。サプリメントの場合でもマリーゴールドなどから摂取されたものであり、基本的には副作用についての報告はなく、安全なものと考えられます。ただ、合成ルテインに関しては、目のかゆみや腫れ、喘息や胸焼けなどの副作用が報告されていますので、サプリメントから摂取する場合は天然由来成分のサプリメントをおすすめします。

ただ、どんなものでも取り過ぎても体内から排出されてしまうだけで意味がありません。。ルテインの過剰摂取に関する実験データでは、1日35mgを1週間摂取しても、特に問題がなかったとようです。JECFAによると、1日につき体重1kgに対して、2mgのルテインを摂取しても問題ないと言っています。体重が50kgの人の場合は100mgまでは問題ないということです。

これらは私がネットでみかけた情報を元にしています。
それも個人の人が書いているブログなどでみかけた情報ですので、信頼できる情報かというと疑問が残るかもしれません。
実は、先ほどの摂りすぎのついても、中には、逆の意見もあって、やはり摂りすぎはよくないという人もいます。
完璧に安全だということはないと思いますので、ルテイン サプリを摂るにしても様子を見ながらにするにこしたことはないと考えています。
だからといって、少ない量、例えばルテインが6mg配合されているものと、30mgを超えるくらい配合されているものとでは、多いほうが何らかの予防であっても、効果があるのではないかと考えてしまうものではないでしょうか。
それで価格がそれほど変わらないのでしたら、やはり高含有のほうを私は選んでしまいます。
私はフローラグロールテインに興味があったので、ケミンというところの日本のサイトを見ることがあるのですが、詳しく書かれていますので、とても参考になります。フリー体のルテインのようですね。
エステル体との違いはなんとなく分かるのですが、どこかのメーカーがエステル体のを使ってて、そのほうがいいかのようなことが書かれていましたが、実際のところどうなんでしょうね。

話を戻しますが、最近見てる限りでは、ルテインが多く入ってるので40mgというのは見たことがあります。
ただちょっと高い気がしますけどね。
たぶん20mgくらい入ってるサプリの倍以上はしてたような気がするので、安いわけではないみたいですね。

ルテインサプリメントも修正とマッチが大切

恐らく同じようなことを考えている人は少なくないと思いますが、サプリメントというのは、何年も同じものを飲むこともあるかもしれませんが、私は少しずつ修正が必要かなと思っています。何のことかというと、先ほどのルテインでいうと、その摂取量のことです。40代の人と60代の人とでは、飲む量が違う、つまり、必要量が違うのは当然ではないでしょうか。

最初は少なくても、年をとるにつれて、摂取量を増やしていくのも必要なのかもしれません。だって、どこぞの記事にでも出てますが、この栄養素はこのくらい摂りましょうねという表がありましたが、やっぱり年齢別にわけて書かれていたりします。そう毛と、体内に存在する栄養素の一つであるルテインも、繰り返す可能性が高いのですから、起因するということで、マッチさせることが大切だと思うわけです。