眼科医でも意見が分かれるみたいなルテイン

カロテノイドの一種である「ルテイン」とは主に緑黄色野菜に含まれている栄養素です。ヒトの網膜内にあり「ものを見る機能の中枢」という非常に重要な役割をもつ黄斑部は、光の受容力が高いために光に含まれている紫外線などを原因とする酸化ダメージを受けやすい場所ですが、黄斑部が酸化ダメージを受けてしまった場合には黄斑部に蓄積された強い抗酸化作用をもつルテインが必要に応じて消費されることにより、目を酸化ダメージから守ってくれます。
このルテインが身体から不足してしまった場合には目の中の水晶体や網膜を酸化ダメージから守ることができなくなってしまい、水晶体が白濁してしまい目に見えるものが何重に見えてしまったり、視界が曇ってしまうなどの症状があらわれる「白内障」や、目に見えるものが歪んで見えたり視野が欠けてしまったりする「黄斑変性症」などの病気を引き起こす可能性があります。
そもそも、この白内障や黄斑変性症の原因は加齢であり、主に高齢者が発症する病気で欧米先進国に多く見られる病気で日本国内では患者も少なかったのですが、近年では日本国内の若い年代の人達の間でも患者数が増えている傾向があります。
そんな影響をうけて近年では、その眼病予防効果の高さから多くの眼科医がルテインの使用を推奨しています。
しかし、これもいろんな考え方があるようで、眼科でルテインサプリメントが売ってると思ったら、ネットでは眼科の方がルテインサプリを否定する人も見たことがあります。
こういうのを見ると、ちょっと不思議というか、いろんな医師がいるんだなって痛感します。
どんな分野でも意見が分かれることがあるのはよくあることですけど。
黄斑変性症というと海外、アメリカだったか忘れましたが失明の原因にもなると見たことがあります。
年齢とともにどうしても見えにくくなるのは仕方ありませんが、歯もそうですが、出来るだけ健康でありたいと願うばかりです。そのためには日ごろの努力も必要なのでしょう。
目にいいのはルテインだけでなく、ビタミンAやB群などもそうですもんね。
そういった栄養素を規則的に摂取することが予防に繋がるのではないかと思います。