ルテインの推奨は何mgでしょうか?
ルテインの摂取量目安で書いたことと重複する部分もありますがご了承下さい。
よく見かける言葉として「ルテインは6mg推奨」というものです。
この根拠となるデータがどこにあるのか知りませんが、個人的にはもう少し多いのを選んでいます。
マルマンのルテイン&ビルベリーというサプリメントはロングセラーといっていいと思いますが、こんなに人気が続くのはやっぱりルテインの含有量もあるのかなと思います。
1日分に15mgのルテインと250mgのビルベリーエキスというのは他では見かけない組み合わせと配合量かなと思います。
もう少しルテインが多いのがよければ、エーエフシーのRICHルテインなら25mgですね。1か月分も3,000円以下で買えますからかなりお得ですよね。それに口コミが多いのも安心材料の一つです。
そして、さらに多いのとなると30mgのとかもあります。ただ果たしてどこまで多いのがいいのかとなるとこれまた分かりません。
結局分からないことだらけなんです。
そして最終的にはレビューをみて決めるというのが私のお決まりのパターンです。
タイトルで「ルテインの推奨は何mgでしょう」と書きましたが、答えは結局分かりません。ただ、今まで見てきたレビューの中でhやっぱり20mg以上のが評判いいような気がするだけです。

ではタイトルに注意ということについても書いておきましょう。何に注意するかというと、年齢的なことです。体内のルテインが減少傾向にあるというのは間違いないと思いますが、年齢に応じてどのくらい不足しているかは違うでしょう。
そして、自分がどのくらい不足しているかを知ることが出来ないのが現実なのではないでしょうか。はっきりと数値であとどのくらい摂取が必要かというのが分かればいいのですが、それは確実に無理でしょう。ということは、憶測でルテインサプリも摂取しているということです。

lutein.jpg

ルテインはどれくらいがいいのかなと思って書いたことがあります。

ルテインも摂りすぎには注意が必要なのでしょうか

ルテインに限らずサプリメントで気になるのはその摂取量です。たとえばマルチビタミンなんかもありますが、配合量はだいたい書いていることがありますが、自分が普段どれほどそういった栄養素を摂取しているかは把握するのは難しいことと思います。ルテインも食品からもとれますが、ルテインを含む食品が何なのかは私は知りませんでした。ほうれん草やブロッコリーには含まれているそうですが、それ以外は分かりません。予防とはいえ、できるだけ摂りたいけど、摂りすぎると副作用があるのではと思ってしまったりもします。たくさんのルテインサプリメントを見てきましたが、1日目安のルテインの量は、6mg~12mg位のものが多いように思います。中には、20mg以上のものもありますが、ルテインとブルーベリー(ビルベリー)の組み合わせを売りにしているサプリもありますので、一概にルテインだけを比較するのもどうなのかとおも思いますが。

こういうことは、人によって違いますし、年々意見が変わってくることもありますから、正解なんてないのではないかと思うのです。

飛蚊症って、書いてる通り、蚊が飛んでるようにみえる症状のこと。
どこを見ても症状と書かれているように、病気ではないようです。一つの症状とういことのようです。
糸状だったり、粒状だったりいろいろな見え方があるそうなのですが、場所や明るさによって、見え方が違ったりします。
また、眼科に行っても、様子を見るように言われたりするそうで、今一つ効果的な方法が分かりません。
ルテインに飛蚊症の効果があるかどうかとなると、残念ながら、いろいろ調べましたが、根拠のあるデータは見つかりませんでした。

角膜の表面の涙には、外から細菌が侵入するのを防いだり、目の表面を潤わせることでほこりなどのゴミなどで角膜が傷つくのを防ぐ働きがあります。しかしパソコンを使っての長時間の作業やコンタクトレンズの装着、冷暖房の効いた部屋に長い時間居ることなどで、涙が減少して角膜の表面が乾燥しがち(ドライアイ)になります。
角膜の乾燥は眼精疲労と関係が深いので、何も対処しないで放置しておくと視力低下や肩こり頭痛などを引き起こす要因になりかねません。
乾燥対策には、涙の分泌を正常化するための成分を積極的に摂ることが大切です。ドライアイに有効な成分というと涙の分泌を正常にしてくれる「ヒアルロン酸」や外部からの刺激から守ってくれる「ルティン」、健康な状態に保つために必要な栄養素が含まれている「アントシアニン」、網膜を守り視力を高める働きがある「DHA」などが含まれたサプリメントが効果的です。目にとって大きな味方だと言われているブルーベリーエキスから作られたサプリメントには「アントシアニン」が豊富に含まれているので、目の疲れなどにたいへん効果が期待できます。
サプリメントは一時的に飲むのではなく習慣的に続けることと、サプリメントの摂取と平行して目を休ませてあげることが大切ですね。

目に効くサプリの成分というといルテインとかブルーベリーかと思っていましたが、最近DHAというのにも注目が集まっているようです。
よく聞きますよね、魚の頭だったかに含まれているそうで、頭にいいとかって聞いたこともあります。
どれほどの効果があるのかは不明ですが、飲まないよりは飲んだほうがいいと思うのです。
もちろん食生活のほうが大切なのは分かりますが、思うようにはそういう習慣って身につかないんです。
私は性格が雑だし継続するのも苦手です。でもいつまでもそうは言ってられませんので、今年こそはと思います。

目に良い食品として最も有名な商品は何かと聞かれると、ブルーベリーと答える方が多いのではないでしょうか。ブルーベリーにはアントシアニンという成分が含まれていますので、その成分が眼精疲労の回復に効果的なのです。
しかし近年、このブルーベリーと同じように眼精疲労の回復に効果があることが分かり注目が高まっている成分があります。
それはルテインです。この成分はブロッコリーやほうれん草といった野菜に含まれている成分で強い抗酸化作用を持った成分となります。
ルテインは高酸化物質ですので、高血圧や脂質異常症の改善にも効果があり、動脈硬化の予防にもつながるのですが、ルテインが不足してしまうと眼病の原因にもなってしまいます。
ルテインには光を遮る働きがありますので、紫外線などから目を守ってくれるのですが、それが不足をしてしまうと白内障や加齢黄斑変性症といった眼病のリスクが高まってしまいます。
近年ではこのブルーベリーとルテインの2つを配合したサプリメントも販売されています。どちらも眼精疲労の回復に効果が高い成分ですので、この2つを配合しているサプリメントは、パソコンや車の運転を良くするという方には良いサプリメントとなります。
私としては、馴染みのあるのはブルーベリーだったのですが、いつからかルテインのことも頻繁に目にするようになりました。
テレビなどの宣伝の影響なのかもしれませんね。
ブルーベリーのサプリの場合、粉末タイプのも売ってますので、飲みやすいのもあるみたいですね。
カプセルのもありますから好みで選ぶことができるのもいいですね。

以前にも増して目の疲れを感じるようになってきたのですが、対策としては、いかに目を疲れないように休息するかということにつきるような気がします。寝ることもそうだし、ゲームもほどほどにするとか。でも仕事でパソコンを使うからどうにもならない時間はありますけどね。

カロテノイドの一種である「ルテイン」とは主に緑黄色野菜に含まれている栄養素です。ヒトの網膜内にあり「ものを見る機能の中枢」という非常に重要な役割をもつ黄斑部は、光の受容力が高いために光に含まれている紫外線などを原因とする酸化ダメージを受けやすい場所ですが、黄斑部が酸化ダメージを受けてしまった場合には黄斑部に蓄積された強い抗酸化作用をもつルテインが必要に応じて消費されることにより、目を酸化ダメージから守ってくれます。
このルテインが身体から不足してしまった場合には目の中の水晶体や網膜を酸化ダメージから守ることができなくなってしまい、水晶体が白濁してしまい目に見えるものが何重に見えてしまったり、視界が曇ってしまうなどの症状があらわれる「白内障」や、目に見えるものが歪んで見えたり視野が欠けてしまったりする「黄斑変性症」などの病気を引き起こす可能性があります。
そもそも、この白内障や黄斑変性症の原因は加齢であり、主に高齢者が発症する病気で欧米先進国に多く見られる病気で日本国内では患者も少なかったのですが、近年では日本国内の若い年代の人達の間でも患者数が増えている傾向があります。
そんな影響をうけて近年では、その眼病予防効果の高さから多くの眼科医がルテインの使用を推奨しています。
しかし、これもいろんな考え方があるようで、眼科でルテインサプリメントが売ってると思ったら、ネットでは眼科の方がルテインサプリを否定する人も見たことがあります。
こういうのを見ると、ちょっと不思議というか、いろんな医師がいるんだなって痛感します。
どんな分野でも意見が分かれることがあるのはよくあることですけど。
黄斑変性症というと海外、アメリカだったか忘れましたが失明の原因にもなると見たことがあります。
年齢とともにどうしても見えにくくなるのは仕方ありませんが、歯もそうですが、出来るだけ健康でありたいと願うばかりです。そのためには日ごろの努力も必要なのでしょう。
目にいいのはルテインだけでなく、ビタミンAやB群などもそうですもんね。
そういった栄養素を規則的に摂取することが予防に繋がるのではないかと思います。

目の老化を防ぐ効果があると言われるルテインですが、取り過ぎると何か副作用はあるのでしょうか。基本的にルテインは緑黄色野菜などに含まれる成分なので、副作用の心配はないとされています。サプリメントの場合でもマリーゴールドなどから摂取されたものであり、基本的には副作用についての報告はなく、安全なものと考えられます。ただ、合成ルテインに関しては、目のかゆみや腫れ、喘息や胸焼けなどの副作用が報告されていますので、サプリメントから摂取する場合は天然由来成分のサプリメントをおすすめします。

ただ、どんなものでも取り過ぎても体内から排出されてしまうだけで意味がありません。。ルテインの過剰摂取に関する実験データでは、1日35mgを1週間摂取しても、特に問題がなかったとようです。JECFAによると、1日につき体重1kgに対して、2mgのルテインを摂取しても問題ないと言っています。体重が50kgの人の場合は100mgまでは問題ないということです。

これらは私がネットでみかけた情報を元にしています。
それも個人の人が書いているブログなどでみかけた情報ですので、信頼できる情報かというと疑問が残るかもしれません。
実は、先ほどの摂りすぎのついても、中には、逆の意見もあって、やはり摂りすぎはよくないという人もいます。
完璧に安全だということはないと思いますので、ルテイン サプリを摂るにしても様子を見ながらにするにこしたことはないと考えています。
だからといって、少ない量、例えばルテインが6mg配合されているものと、30mgを超えるくらい配合されているものとでは、多いほうが何らかの予防であっても、効果があるのではないかと考えてしまうものではないでしょうか。
それで価格がそれほど変わらないのでしたら、やはり高含有のほうを私は選んでしまいます。
私はフローラグロールテインに興味があったので、ケミンというところの日本のサイトを見ることがあるのですが、詳しく書かれていますので、とても参考になります。フリー体のルテインのようですね。
エステル体との違いはなんとなく分かるのですが、どこかのメーカーがエステル体のを使ってて、そのほうがいいかのようなことが書かれていましたが、実際のところどうなんでしょうね。

話を戻しますが、最近見てる限りでは、ルテインが多く入ってるので40mgというのは見たことがあります。
ただちょっと高い気がしますけどね。
たぶん20mgくらい入ってるサプリの倍以上はしてたような気がするので、安いわけではないみたいですね。

現代は目の疲労となる強い刺激が多い環境です。パソコンやスマートフォンの他にもテレビといった強い光を発する物を長時間利用して仕事や勉強を行う為、自然と疲労が溜まっていきます。強い光により特にストレスを受けているのが網膜です。そして、網膜を守る役目を持っているのがルテインという成分です。

ルテインは「天然のサングラス」とも言われています。ホウレン草を始めとする緑黄色野菜に多く含まれていて、人間も産まれつき水晶体の中に持っている成分です。しかし、加齢と共にルテインは減少していきますので、強い光の刺激から網膜を守る力が弱まってしまいます。

そこで、ルテイン不足の対応策として人気がある方法が、サプリメントの摂取です。サプリメントの中には目の疲労を和らげる為の成分を多く含んだサプリメントが多くあり、ルテインを多く含むサプリメントも人気が高い物となっています。手元に1つ用意しておくと、手軽に摂取して栄養補給ができますので便利に使えます。

注意として、サプリメントを購入する時は信頼できるメーカーの製品を選ぶ事が大切です。また、適切な量の摂取をするように気を付けましょう。沢山摂取しても疲労が改善しやすくなる訳ではありません。生活習慣や食習慣の改善も併せて行う事で、より有効な対策となります。

では具体的に信頼できるサプリってどういうのを言うのでしょうか。
人によりその判断は異なるでしょうけど、私の場合は、知名度の高いメーカーというのは最近あまり気にしなくなりました。
あれだけ広告で目にするということでは、普通に考えると安い価格で売るのは難しいのではないかと思うからです。
確かにルテインの配合量の割には高いなって思うものもあります。
たくさん売れるから製造するコストを下げることができるのかもしれませんが、それでも限界があるのではないでしょうか。
原料でいうと、フローラグロールテインというのがあります。
マリーゴールドから抽出されたルテインなのですが、多くのルテインサプリはこれを使ってるみたいですね。メニールテインもそうです。
他にもいくらでもあります。
私としては、ルテインの配合量がどのくらいとか、どこで製造されてるとか、そういうことがきちんと書かれている、そして、販売されてから長い、クチコミが多い、レビューが多い、そういったことを総合的にみて判断しています。